読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iyuichiの私的開発ログ

渋谷で働くWebエンジニアのログ. Java, Android, iOS, Docker, GCP, AWS, ゲーム開発

iPhone6sに買い換えるにあたってドコモの新料金プラン(改悪料金)をみてみる

docomo ガジェット iphone Apple

さて、私は現在ドコモユーザで家族割りとかもあるんで次もドコモで機種変更をしようと考えています。
いま利用中の端末はiPhone5s。ちょうど10月で2年を迎えます。

通常なら料金プランの変更はしなくてよいのですが今回からは購入サポートを受けるために新料金プランへの移行が必要みたいなので予習しておきたいと思います。

新料金プランって通話をあまりしない層にとっては完全に改悪です。
でも購入サポートを受けるには必須ということなので変更せざるを得ない。

いっそアップルストアでsimフリー版を買ってMVNOのsimってのが良いのだろうけど、購入サポートとMVNOにした場合に安くなる価格の比較はまた別の機会にしてみよう。。。

カケホーダイ

これが一番いらないやつですね。ほとんど家族としか通話しないし、それすら稀。
それが9/25からは、"カケホーダイライトプラン"というものが選択できるようになってました。
無料通話が5分以内という制限がついていて、通常のものより1000円安くなるというプラン。
これでもちょっと高いですが、2700円のプランよりはマシなので、私はこちらを選択することになりそうです。

いまの契約は"タイプXiにねん"で743円なのでライトにしても約1000円くらいプラスか。。

ドコモからのお知らせ : 「カケホーダイライトプラン」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

パケあえるorデータパック

さてデータ通信のプランが問題です。
現在は当然"Xiパケ・ホーダイ for iPhone"を契約しています。
こいつが、月額5,200 円、7GBという内容です。
それが新プランで同等のものにしようとすると"データMパック"になると思うのですが、5GBで月5,000円ということになり、価格はほぼ同等だけど利用できる通信容量が2GB減るという改悪ぶりは困る。。
ちなみに"最大13か月間 ボーナスパケット+1GB"とかなっているので当面は6GBの利用はできそうですがいつかなくなるものなのでノーカウント。

あと、パケあえるという家族間でデータ通信容量をシェアできるプランもありますが、
3人以上シェアできる相手がいて、さらにその相手がデータSパック(2GB)で足りているとかだとシェアパック10GBを契約するとすこしお得になりそう。

データパックの場合 3500(S)+3500(S)+5000(M) 12,000円
シェアパックの場合 9500(シェアパック10)+1000(シェアオプション 500円×2台) 10,500円

これができる場合はギリギリ許容範囲だろうか。。

それにしてもあまりユーザフレンドリーではない気がします。
通話し放題って誰得なんでしょうか?

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモ

ということで前回の下取り価格も含めて、あまりドコモを使い続けても待遇良くないなあと思ってしまいます。
もっと長期利用者に恩恵を!

もう少し、詳細に表にしてみた(追記)

シェアパックを3人で分け合う場合のシミュレーションをしてみた。

S M L シェア10 シェア15 シェア20 シェア30
データパック料金 3500 5000 6700 9500 12500 16000 22500
一人当たり(3人の場合) 3500 5000 6700 3500 4500 5667 7833
データ通信料(3人の場合 GB) 2 5 8 3.33 5 6.67 10
カケホーダイ 2700 6200 7700 9400 6200 7200 8367 10533
カケホーダイライト 1700 -(※) 6700 8400 -(※) 6200 7367 9533

一人でデータパックSで契約した時¥6,200, 2GBと比較して
同じカケホーダイだと価格は同じ¥6,200でデータ通信が一人頭3.33GB可能となり1.3GB/人ほどお得。
カケホーダイライトの場合は、シェア15で価格が同じ¥6,200となり、データ通信が一人頭5GB可能となり3GB/人お得

一人でカケホーダイライトでデータMパックにした場合との比較だと、料金が¥500安くなる計算となる。
※ カケホーダイライトの場合データSパック、シェアパック10は選択できません。

ということで、まだ10/1に予約入れたiPhone6s Plusの入荷連絡がありませんがだいぶ新料金プランがわかってきた。

iyuichi.hatenablog.jp