読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iyuichiの私的開発ログ

渋谷で働くWebエンジニアのログ. Java, Android, iOS, Docker, GCP, AWS, ゲーム開発

Yosemiteにしたらhomebrewが使えなくなっていた件

開発

みなさんは、Yosemiteにアップデートしましたか?

UIの好みなんかは人それぞれにあるかと思いますが、細部で使いやすくなっている印象で私は気に入っています。

さて、本題に入りたいと思います。

brew install しようとしたら以下のようなエラーが出ました。

/usr/local/bin/brew: /usr/local/Library/brew.rb: /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby: bad interpreter: No such file or directory

/usr/local/bin/brew: line 21: /usr/local/Library/brew.rb: Undefined error: 0

少し調べていたら以下のような記事をいくつか見つけたのでbrew.rbを書き換えてコミットしてとかやってみたのですが、別のエラーが出てしまってうまくいかず。

[ogp]http://rrt.hateblo.jp/entry/2014/10/19/031312[/ogp]

error: The following untracked working tree files would be overwritten by merge:

.yardopts

CODEOFCONDUCT.md

LICENSE.txt

Please move or remove them before you can merge.

Aborting

Error: Failure while executing: git pull -q origin refs/heads/master:refs/remotes/origin/master

結論、以下の方法で使えるようになりました。

まずは、gitのログを確認してみます。

cd /usr/local

git log

確認してみたら"Date: Tue Dec 17 11:12:13 2013 +0100"が最後の更新になっていてだいぶ古くなってました。

そこでリモートの最新で上書きをしてみます。

$ git fetch origin

$ git reset --hard origin/master

できました。

brew doctor

Your system is ready to brew.

ちょっとDockerの環境新しくして、nodejsのコンテナでチャットとか作ってみようと思ったのですがbrewでハマってしまった。

チャットについてもまた別の機会に書こうと思います!